テニス

モンフィスの戦略失敗、ジョコビッチが奇妙な準決勝に勝つ [全米オープン]

2016年09月11日更新
モンフィスの戦略失敗、ジョコビッチが奇妙な準決勝に勝つ [全米オープン]
アメリカ・ニューヨークで開催されている「全米オープン」(8月29日〜9月11日/ハードコート)の男子シングルス準決勝で、第1シードのノバク・ ジョコビッチ(セルビア)が第10シードのガエル・モンフィス(フランス)を6-3 6-2 3-6 6-2で下し、決勝に進出した。 モンフィスは、かなりの間、まるで勝ちたいと思っていないように、あるいはそこにいたくないかのように見えていた。 あとでモンフィスが説明したところによれば、世界ナンバーワンでディフェンディング・チャンピオンのジョコビッチを安心させ、ミスにいざなえれば、と考えた末の“奇想天外な戦略”だったそうだが、少しの間は機能していたものの...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • モンフィス
  • セット
  • オープン
  • グランドスラム
  • ポイント
  • ゲーム
  • ミス
  • シード
  • ジョン・マッケンロー
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ハードコート
  • モハメド・アリ
  • 容認
  • ガエル・モンフィス