野球

広島25年ぶりV 空白の24年間に何があった…

2016年09月10日更新
広島25年ぶりV 空白の24年間に何があった…
<巨人4-6広島>◇10日◇東京ドーム 広島が1991年(平3)以来、25年ぶりのリーグ優勝を決めた。前回優勝翌年の92年から昨年までの空白の24年間をたどった。この間3位以上のAクラスは6度、2度の最下位も味わった。 1991年=優勝(74勝56敗2分け) 山本浩二監督のもと86年以来5年ぶり6度目のリーグ優勝 日本シリーズでは3勝4敗で西武に敗れ7年ぶりの日本一を逃す 佐々岡真司投手が最多勝、最優秀防御率、MVP、沢村賞 北別府学投手が最高勝率 川口和久投手が最多奪三振 野村謙二郎内野手が盗塁王 【ドラフト指名選手】 1町田公二郎外野手(専大) 2徳本政敬内野手(木本) 3...

キーワード

  • ドラフト
  • 野村謙二郎
  • 山本浩二
  • オフ
  • 前田健太
  • 黒田博樹
  • 緒方孝市
  • ヤクルト
  • リーグ
  • マーティー・ブラウン
  • 新井貴浩
  • 前田智徳
  • 三村敏之
  • ホンダ
  • 江藤智