サッカー

積極補強のバルサとは対照的 レアル、“静かな夏”は自信の表れか

2016年09月08日更新
積極補強のバルサとは対照的 レアル、“静かな夏”は自信の表れか
2016年夏の移籍市場において、リーガ・エスパニョーラのクラブで最もお金を使ったのは、バルセロナだった。昨シーズン、リーガとコパ・デル・レイの2冠を達成したバルセロナだが、各ポジションに若く代表歴のある選手を揃え、チームを強化。スペイン紙『マルカ』の報道によれば、今夏は1億2300万ユーロ(約140億円)の出費となった。チャンピオンズリーグ(CL)を含めて3冠を達成した後の2015年夏は5600万ユーロ(約64億円)だったので、今夏は2倍使ったことになる。 次に大枚を叩いたのは、アトレティコ・マドリードで約8000万ユーロ(約91億円)、日本代表MF清武弘嗣所属のセビージャが54...

キーワード

  • ユーロ
  • レアル・マドリード
  • バルセロナ
  • アトレティコ・マドリード
  • シーズン
  • スペイン
  • リーガ
  • マドリディスタ
  • ユヴェントス
  • ビジャレアル
  • リーガ・エスパニョーラ
  • バレンシア
  • メンバー
  • セビージャ
  • マドリード