テニス

錦織4強!マリーをフルセットの末下し2年ぶり準決勝進出

2016年09月07日更新
錦織4強!マリーをフルセットの末下し2年ぶり準決勝進出
ガッツポーズする錦織(AP) Photo By AP テニスの全米オープン第10日は7日、ニューヨークのビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンターで行われ、男子シングルス準々決勝で第6シードの錦織圭(26=日清食品)は第2シードのアンディ・マリー(29=英国)を1―6、6―4、4―6、6―1、7―5で下し、2年ぶりの準決勝に進出した。 マリー戦の勝利は2014年ツアーファイナルで6―4、6―4で勝って以来。3時間57分の熱戦を制して連敗を4で止め、対戦成績を2勝7敗とした。 準決勝では世界3位のスタン・バブリンカ(31=スイス)と世界142位のフアン...

キーワード

  • ゲーム
  • ブレーク
  • セット
  • 錦織
  • マリー
  • ブレークバック
  • ダブルフォルト
  • バックハンド
  • ブレークポイント
  • ビリー・ジーン・キング・ナショナル・テニスセンター
  • 錦織圭
  • キープ
  • セーブ
  • シード
  • フアンマルティン・デルポトロ