サッカー

“勝利が絶対”の敵地・タイ戦 岡崎外れて浅野が1トップ、ボランチには山口

2016年09月06日更新
“勝利が絶対”の敵地・タイ戦 岡崎外れて浅野が1トップ、ボランチには山口
日本代表は6日に行われる2018 FIFAワールドカップロシア アジア最終予選のタイ代表戦に臨む先発メンバーを発表した。 1日、ホーム・埼玉スタジアムで行われた第1戦のUAE(アラブ首長国連邦)代表に逆転負けを喫した日本。まだ1試合を終えたところだが、早くもチームには危機感が募っており、タイ戦ではアウェーとはいえ絶対に勝ち点3を取りに行かなければならない。 スタメンGKには西川周作(浦和レッズ)を起用。最終ラインは右からDF酒井宏樹(マルセイユ/フランス)、吉田麻也(サウサンプトン)、森重真人(FC東京)、酒井高徳(ハンブルガーSV/ドイツ)を並べた。ボランチには主将の長谷部誠...

キーワード

  • ドイツ
  • タイ
  • ヘルタ・ベルリン
  • 植田直通
  • シュトゥットガルト
  • フィテッセ
  • 丸山祐市
  • 柏木陽介
  • 東口順昭
  • 太田宏介
  • 武藤嘉紀
  • 小林悠
  • 遠藤航
  • 宇佐美貴史
  • 酒井高徳