サッカー

60年ぶりのW杯出場へ好発進 ウェールズ、ベイルの2G1Aで4発快勝

2016年09月06日更新
60年ぶりのW杯出場へ好発進 ウェールズ、ベイルの2G1Aで4発快勝
2018 FIFAワールドカップ ロシア 欧州予選グループD第1節が5日に行われ、ウェールズ代表とモルドバ代表が対戦した。 60年ぶりのW杯出場を目指すウェールズ代表と、初出場を狙うモルドバ代表との一戦。ホームのウェールズは、レアル・マドリードに所属するMFギャレス・ベイルや、ストークに所属するMFジョー・アレンらがスタメンに名を連ねた。 試合は立ち上がりこそスコアが動かなかったが、38分にウェールズが先制に成功する。右サイドでボールを受けたベイルが左足で鋭いクロスを供給。中央で相手DFに競り勝ったサム・ヴォークスが頭で合わせ、ゴールネットを揺らした。 FWヴォークス(18番)...

キーワード

  • ウェールズ
  • モルドバ
  • ベイル
  • ギャレス・ベイル
  • ホーム
  • ジョー・アレン
  • サム・ヴォークス
  • レアル・マドリード
  • アレン
  • ゴール
  • エリア
  • ボール
  • スコア
  • アディショナルタイム