格闘技

【ボクシング】井上が不調でもKO勝ち、ロマゴンとのスーパーファイト実現へ

2016年09月04日更新
【ボクシング】井上が不調でもKO勝ち、ロマゴンとのスーパーファイト実現へ
本調子ではなかった井上(右)だが、最後は必殺の右ストレートでタフな挑戦者にKO勝ち 大橋プロモーション「ボクシングフェス9・4~井上尚弥、世界タイトルV3戦~」2016年9月4日(日)神奈川・スカイアリーナ座間 ▼WBO世界スーパー・フライ級タイトルマッチ 3分12R○井上尚弥(大橋ジム/王者)KO 10R 3分03秒 ※右ストレート●ペッチバンボーン・ゴーキャットジム(タイ/挑戦者)※井上が3度目の防衛に成功。 井上3度目の防衛戦の相手は、3年間負けなしで16連勝中のテクニシャンであるペッチバンボーン。2014年9月に、井上がWBC世界ライトフライ級王座の初防衛戦でTKOに下し...

キーワード

  • 井上
  • ペッチバンボーン
  • フック
  • ジャブ
  • ストレート
  • ボディ
  • ボディブロー
  • ヒット
  • スーパーファイト
  • 大橋秀行
  • ローブロー
  • 井上尚弥
  • フットワーク
  • ボーン
  • バン