サッカー

W杯最終予選予備登録メンバーが明らかに 中村憲や大久保、内田ら選出

2016年09月05日更新
W杯最終予選予備登録メンバーが明らかに 中村憲や大久保、内田ら選出
アジアサッカー連盟(AFC)は5日、2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の予備登録メンバーを公表し、日本代表の89名が明らかになった。 メンバーには、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督がバックアップメンバー入りを明かしていたMF中村憲剛(川崎フロンターレ)のほか、同僚のFW大久保嘉人も名前を連ねた。その他、ケガからの復帰が待たれる内田篤人(シャルケ/ドイツ)、リオデジャネイロ・オリンピック世代のFW久保裕也(ヤング・ボーイズ/スイス)らも予備登録されている。 最終予選でグループBに入った日本は、オーストラリア、サウジアラビア、イラク、アラブ首長国連邦(UAE)、...

キーワード

  • ドイツ
  • メンバー
  • オランダ
  • グランパス
  • アジアサッカー連盟
  • ヘーレンフェーン
  • ヘルタ・ベルリン
  • ADOデンハーグ
  • 大森晃太郎
  • 柿谷曜一朗
  • フィテッセ
  • 高萩洋次郎
  • 車屋紳太郎
  • 谷口彰悟
  • 森岡亮太