野球

決断の理由、ロッテ愛、4番像、ウグイス嬢…サブロー涙の引退会見一問一答

2016年09月01日更新
決断の理由、ロッテ愛、4番像、ウグイス嬢…サブロー涙の引退会見一問一答
40歳まで現役、「球団に感謝。やり遂げた感はある」 現役引退を表明したロッテのサブロー外野手が1日の午後1時からQVCマリンで引退会見を行った。1994年のドラフト1位でPL学園からロッテに入団。2011年途中に巨人にトレード移籍したが、シーズン終了後にFAとなり、ロッテに復帰した。ロッテでは中心選手として2005年と2010年の2度の日本一に貢献。NPB通算1781試合出場で、1362安打、127本塁打、655打点をマーク。生涯打率は.265となっている。今回、ユニフォームを脱ぐ40歳は引退に際して何を語ったのか――。以下が会見の主な一問一答。 ――引退を決めた一番の理由と...

キーワード

  • ロッテ
  • サブロー
  • ジャイアンツ
  • アナウンス
  • PL学園
  • ファン
  • サブロ
  • マリン
  • NPB
  • イースタンリーグ
  • 通算