テニス

セリーナ 史上最多優勝へ前進

2016年08月31日更新
セリーナ 史上最多優勝へ前進
テニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は30日、女子シングルス1回戦が行われ、世界ランク1位で第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)がE・マカロバ(ロシア)を6-3, 6-3の快勝で退け、史上最多となる四大大会23度目の優勝へ向けて好スタートを切った。セリーナは右肩の痛みから練習を満足に出来ない日が大会直前まで続いており、不安を抱えての試合となった。しかしその不安を一蹴するかのように、12本のサービスエースを記録し、195キロの最速サービスを放つなど、好調なプレーを披露しマカロバを退けた。「今日の自分のサービスにはとても満足している。ほとんど練習をして...

キーワード

  • セリーナ
  • オープン
  • グランドスラム
  • サービス
  • マカロバ
  • プレー
  • 全豪オープン
  • ファーストサービス
  • ウィンブルドン
  • ポイント
  • ウェアー
  • ベスト
  • ランク
  • リオデジャネイロ・オリンピック
  • キロ