大相撲

稀勢の里 敬遠していた白鵬と出稽古も

2016年08月30日更新
稀勢の里 敬遠していた白鵬と出稽古も
注目を集める稀勢の里 大相撲秋場所(9月11日初日、東京・両国国技館)の新番付が29日に発表され、3場所連続で綱取りに挑む大関稀勢の里(30)は東京・江戸川区の田子ノ浦部屋で会見し「(重圧は)今に始まったことじゃない。10年以上幕内にいるし、集大成だと思う」と意欲を見せた。一方で、本番までに横綱白鵬(31=宮城野)に稽古で胸を借りることも示唆。これまで稀勢の里が“敬遠”を続けてきた相手だけに注目が集まる。 稀勢の里は「悔いの残らないような相撲を取りたい。(綱を)早く自分の手でつかまないと」と悲願の初優勝と綱取りへ向けて決意を口にした。 5月場所は13勝の好成績を挙げながら...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 白鵬
  • 田子ノ浦部屋
  • 九重親方
  • 日馬富士
  • 千代の富士
  • 両国国技館