野球

日ハム一日天下、広島M16/26日プロ野球まとめ

2016年08月26日更新
日ハム一日天下、広島M16/26日プロ野球まとめ
9回表広島の攻撃が終わり適時打を放った菊池涼介(中央左)はナインとタッチを交わす(撮影・今中雄樹) <プロ野球>◇26日◇ナゴヤドームほか6試合 【セ・リーグ】 ◆広島菊池V打3連勝でM16 中日は3連敗でV消滅 <中日2-3広島>◇26日◇ナゴヤドーム 中日は2回、近藤の2号ソロで先制。今季初登板の八木は序盤をスムーズに乗り切った。広島野村は走者を背負いながら最少失点。 広島は6回、丸の16号ソロで追いついたが、中日はすぐに荒木の適時バント安打で勝ち越した。八木は6回1失点で交代。 広島は8回に追いつき、9回に菊池の左前打で勝ち越し。3連勝で優勝マジ...

キーワード

  • ソロ
  • オリックス
  • ソフトバンク
  • 西武
  • ヤクルト
  • ストップ
  • 楽天
  • 日本ハム
  • ロッテ
  • 菊池
  • デスパイネ
  • 満塁本塁打
  • ナゴヤドーム
  • 柳田
  • 中村