サッカー

【手倉森ジャパン徹底検証/後編】リオ五輪で見えた手応えと東京五輪への提言

2016年08月26日更新
【手倉森ジャパン徹底検証/後編】リオ五輪で見えた手応えと東京五輪への提言
手倉森ジャパンのリオデジャネイロ・オリンピック終戦が決まってからおよそ45分後。選手たちの取材対応がひととおり終わった取材ルームに、記者会見を済ませた手倉森誠監督が姿を現した。 ロッカールームで涙を見せたという指揮官だけに、ここでもやはり悔しさを隠せなかった。 「チームが向上してきた中で敗退になるのは非常に残念だし、受け入れがたい。世界での修羅場を経験していない監督と選手が集まった時、最初につまらないミスをしたら痛い目に遭うぞ、というのを思い知らされた気分です」 手倉森監督が悔やんでいたのは、やはり初戦の黒星だった。5ゴールを喫した理由は前回分析したように多くの要因が絡みあった...

キーワード

  • オリンピック
  • アジア
  • チーム
  • フル
  • クラブ
  • コロンビア
  • 手倉森
  • スウェーデン
  • ゴール
  • リオ
  • 手倉森ジャパン
  • ナイジェリア
  • リオデジャネイロ・オリンピック
  • 浅野
  • ワールドカップ