サッカー

サンフレッチェを再建した元社長“こやのん”こと小谷野薫の経営/前編「経営と強化のバランス、フロントの一体感が大切」

2016年08月24日更新
サンフレッチェを再建した元社長“こやのん”こと小谷野薫の経営/前編「経営と強化のバランス、フロントの一体感が大切」
インタビュー=青山知雄 写真=小林浩一 自身をモチーフにしたゆるキャラ“こやのん”が爆発的な人気を博し、サッカークラブの社長という枠を抜け出し、サッカーファンのみならず、広島市民を中心に多くの人々に愛された人物、サンフレッチェ広島元代表取締役社長・小谷野薫氏。 クラブがJリーグ初制覇を成し遂げた2012年、本谷祐一前社長がクラブ再建の一手として「経営再建五カ年計画」を打ち出した。そして13年1月、その推進の担い手を託されたのが、12年10月から常務取締役を任されていた小谷野氏だった。13シーズンのリーグ連覇、天皇杯準優勝、翌14シーズンのヤマザキナビスコカップ準優勝、AFCチャン...

キーワード

  • クラブ
  • 小谷野薫
  • スタッフ
  • リーグ
  • チーム
  • フロント
  • バランス
  • エディオン
  • 小谷野
  • サンフレッチェ
  • こやのん
  • サッカークラブ
  • シーズン
  • ポイント
  • ソロモン・スミス・バーニー