野球

本紙評論家・得津氏が提言 日本ハムは「4番・大谷」でいけ!

2016年08月22日更新
本紙評論家・得津氏が提言 日本ハムは「4番・大谷」でいけ!
3安打の大谷はガッツポーズも見せた 日本ハムが21日のソフトバンク戦(札幌ドーム)に4―2で競り勝ち、パ天王山3連戦を1勝2敗と踏みとどまった。負ければソフトバンクにマジックが点灯するところだったが、両チームは0・5差と再接近。立役者となったのは先制打を含む3安打と大暴れの大谷翔平投手(22)だ。では現在は打者に専念している大谷を、今後どう起用していくのがベストなのか。ネット裏から出た声は――。 試合後の栗山監督が「開幕から3タテは食らわないようにと思っていた。よくみんなが頑張ってくれた」と胸をなでおろしたこの日の1勝は「打者・大谷」あってのものだった。 「3番DH」でスタ...

キーワード

  • 大谷
  • 日本ハム
  • 中田
  • 栗山
  • 規定打席
  • 大谷翔平
  • ソフトバンク
  • ガッツポーズ
  • チーム
  • ポストシーズン
  • 首位打者