野球

骨折の長野、左ほお死球から6日いきなりV打/復刻

2016年08月14日更新
骨折の長野、左ほお死球から6日いきなりV打/復刻
2011年8月14日付日刊スポーツ紙面 <日刊スポーツ:2011年8月14日付> プレーバック日刊スポーツ! 過去の8月14日付紙面を振り返ります。2011年の1面(東京版)は、骨折の長野、左ほお死球から6日いきなりV打でした。 ◇ ◇ ◇ <巨人5-2広島>◇2011年8月13日◇東京ドーム 「平成のチョーさん」が力強く戻ってきた。左頬骨の亀裂骨折で4試合を欠場した巨人長野久義外野手(26)が、復帰戦で連敗を2で止める決勝打を放った。2-2の8回1死一、二塁で、広島岸本から中越えの2点適時三塁打。頭部死球による痛みや恐怖心は表に出さず、結果を出した。首位...

キーワード

  • 長野
  • 長野久義
  • 脇谷