サッカー

手倉森ジャパン、苦闘と成長の948日間…悔しさを未来につなげるために必要なものとは

2016年08月11日更新
手倉森ジャパン、苦闘と成長の948日間…悔しさを未来につなげるために必要なものとは
2014年1月5日のオマーン遠征から始まったリオデジャネイロ・オリンピック日本代表の冒険は、彼らが思い描いていたよりも早く幕が下ろされることとなった。スウェーデンとの第3戦に1-0で勝利し、世界の舞台で勝ち点3をもぎ取ったものの、2位の座を争っていたコロンビアがナイジェリアに勝利したため、次のステージへの道は閉ざされてしまった。 他力本願の状況だったため、選手たちもある程度、覚悟を決めていたに違いない。試合後しばらくしてコロンビアの結果がピッチの上に伝えられた時、大きくうなだれたり、涙を流したりする選手は――唯一出場機会を得られず、ひどく落胆していた岩波拓也(ヴィッセル神戸)を除...

キーワード

  • チーム
  • スウェーデン
  • リオ
  • ワールドカップ
  • 手倉森
  • アジア
  • コロンビア
  • 手倉森ジャパン
  • ゴール
  • ゲームプラン
  • メンバー
  • クラブ
  • ピッチ
  • ナイジェリア
  • ブロック