サッカー

コロンビア戦で手倉森ジャパンが見せた「反発心」…指揮官のメンタル回復策と想定外だった二つのミス

2016年08月08日更新
コロンビア戦で手倉森ジャパンが見せた「反発心」…指揮官のメンタル回復策と想定外だった二つのミス
リオデジャネイロ・オリンピックではスターティングラインナップがキックオフのおよそ30分前に発表される。だが、それよりも早く選手たちはピッチに姿を現し、スタメンとサブに分かれてウォーミングアップを始めるため、その光景から公式発表より前にその日のスタメンが分かる。 コロンビア戦前に双眼鏡でスタメンと思われるフィールドプレーヤー10人の姿を確認していくと……大島僚太(川崎フロンターレ)と南野拓実(ザルツブルク)の姿がない――。 ナイジェリアとのグループステージ第1節で好パフォーマンスを見せた攻撃のキーマンが二人ともスタメンから外れ、ミスを連発したDF陣にメスが入れられることはなかった...

キーワード

  • コロンビア
  • ミス
  • 南野
  • スタメン
  • ディフェンスライン
  • コール
  • チーム
  • テグ
  • テオフィロ・グティエレス
  • 櫛引政敏
  • 亀川諒史
  • 中村航輔
  • グティエレス
  • 藤春廣輝
  • 大島僚太