ゴルフ

松山英樹がクラブを戻して復調気配?「難しい方が研ぎ澄まされる」説も。

2016年07月29日更新
松山英樹がクラブを戻して復調気配?「難しい方が研ぎ澄まされる」説も。
4月のマスターズでは優勝の可能性さえ漂わせたが、全米オープンと全英オープンでは続けざまに予選落ちを喫した松山英樹。 シーズン最後のメジャー、全米プロでは調子は戻るのか? 果たして予選は通るのか? 初日の早朝、バルタスロールの10番ティに立った松山には、そんな不安や心配の視線が向けられていた。 だが、距離的にタフなこのコースのほぼ毎ホールで握った彼のドライバーは、悠々とフェアウエイを捉えていった。 ここ2カ月ほどの間、予選落ちした大会ではアイアンショットの距離感が合わず、その狂いはマスターズ後にハーフキャビティ型の新しいアイアンに持ち替えたことと無関係ではないだろうと想像されてい...

キーワード

  • クラブ
  • バーディー
  • アイアン
  • 松山
  • パット
  • マッスルバック
  • ドライバー
  • ショット
  • ハーフキャビティ
  • アイアンショット
  • フェアウエイ
  • コース
  • クラブチェンジ
  • スイング
  • マスターズ