大相撲

日馬富士 8度目Vでも消えない「白鵬コンプレックス」

2016年07月25日更新
日馬富士 8度目Vでも消えない「白鵬コンプレックス」
日馬富士(手前)は優勝パレードでVサイン 大相撲名古屋場所千秋楽(24日、愛知県体育館)、横綱日馬富士(32=伊勢ヶ浜)が横綱白鵬(31=宮城野)を寄り切りで破り、昨年九州場所以来4場所ぶりとなる8回目の優勝を決めた。体中に故障を抱えるなかで賜杯をつかみ、かねて目標に掲げる優勝10回が視界に入ってきた。その一方で、あの人に対する“コンプレックス”は相変わらず消えないようで…。 白鵬を撃破して4場所ぶりに賜杯を抱いた日馬富士は優勝インタビューで「素直にうれしい。一日一番の積み重ねが今日の千秋楽につながった。悔いのない相撲を取ることだけを考えて、真っ向勝負できました。最近はケガが多くて。...

キーワード

  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 栃錦
  • 北の富士
  • 安美錦
  • コンプレックス
  • 大鵬
  • 若乃花
  • 相撲ファン
  • 愛知県体育館