大相撲

綱とりの稀勢の里はそれでも諦めない 日馬富士との2敗対決で痛恨の3敗目

2016年07月23日更新
綱とりの稀勢の里はそれでも諦めない 日馬富士との2敗対決で痛恨の3敗目
3敗目を喫し、肩を落として引き揚げる稀勢の里=愛知県体育館で(榎戸直紀撮影) ◇名古屋場所<13日目> (22日・愛知県体育館) 綱とりがかかる大関稀勢の里(30)=田子ノ浦=は横綱日馬富士との2敗対決に敗れ、痛恨の3敗目を喫したが、わずかな望みにかけ、残り2日間に集中する。日馬富士は4場所ぶり8度目の優勝に向けて単独トップに立った。横綱白鵬は大関豪栄道の腰砕けで、3敗を守った。かど番の大関照ノ富士は正代に寄り切られ、豪栄道とともに7勝6敗となった。十両は天風が2敗で単独首位に立った。 初優勝と綱とりには、ショックの大きすぎる黒星だ。支度部屋...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 日馬富士
  • 白鵬
  • 二所ノ関一門
  • 北勝海
  • 豪栄道
  • トップ
  • 安馬
  • 愛知県体育館