大相撲

白鵬、豪栄道が“自爆”「腰砕け」で3敗キープ

2016年07月22日更新
白鵬、豪栄道が“自爆”「腰砕け」で3敗キープ
白鵬(左)は豪栄道を腰砕けで下した ◆大相撲名古屋場所13日目 ○白鵬(腰くだけ)豪栄道●(22日・愛知県体育館) 東横綱・白鵬(31)=宮城野=が、東大関・豪栄道(30)=境川=に腰くだけで勝ち、3敗を守った。 立ち会いで豪栄道は変化気味に右へ立ったが、白鵬が特に何をすることなく、くるっと回って土俵にひざを突いた。 白鵬は14日目で同じ3敗の稀勢の里(30)=田子ノ浦=と対戦。2敗でトップの日馬富士(32)=伊勢ケ浜=が豪栄道に敗れた場合、白鵬が稀勢の里に勝てば3敗で並び、千秋楽で再び自力優勝の可能性が出てくる。 ...

キーワード

  • 白鵬
  • 豪栄道
  • 稀勢の里
  • 日馬富士
  • 自力優勝
  • 愛知県体育館