ゴルフ

高い球 普通の球 低い球 打ち分けのコツ

2016年07月21日更新
高い球 普通の球 低い球 打ち分けのコツ
アプローチで必要になるのは、高さの打ち分けです。高い球、低い球、普通の球をきちんと打ち分けられれば、その分、寄せは楽になります。1本のクラブでいろいろな高さのボールを打ち分ける方法を、桑原克典プロから教わります。コツがわかれば、実はそれほど難しくないのです。 (聞き手と構成 青山卓司) 2ヤード刻みの振り覚えたら応用編 −バンカー越えのアプローチは高い弾道でグリーンに乗せて寄せたい。強い打ち上げで、しかもエッジからピンまでの距離が短いのなら、低い球でワンクッショさせて寄せる。ピン位置がグリーン奥にある場合や2段グリーンの上ならランを出したい。プロは簡単にいろいろなバリエーショ...

キーワード

  • ボール
  • スイング
  • リーディングエッジ
  • トップ
  • プロ
  • フェース
  • アプローチ
  • クラブ
  • ラン
  • ダウンスイング
  • センター
  • スタンス
  • シンプル
  • グリーン
  • ヤード