大相撲

稀勢、綱獲りへ1敗死守 白鵬、日馬2敗で大チャンス

2016年07月18日更新
稀勢、綱獲りへ1敗死守 白鵬、日馬2敗で大チャンス
照ノ富士(右)を攻める稀勢の里 Photo By スポニチ 稀勢の里の横綱への道が開けてきた。照ノ富士との大関対決は1分20秒を超える長い相撲の末に寄り切り、1敗を守って勝ち越し。横綱・白鵬が勢に、横綱・日馬富士が嘉風に敗れ、ともに2敗目を喫したため、優勝争いのトップは同部屋の小結・高安と2人となった。2敗は嘉風と宝富士を加えた4人。初優勝が横綱昇進の条件となる稀勢の里は最大の敵となる白鵬らに1差をつけ、有利な状況で残り6日間に臨む。 和製横綱の期待を背負い続けてきた男が昇進の大チャンスを迎えた。1敗を守った勝ち残りの東土俵下。稀勢の里の眼前で白鵬、...

キーワード

  • 白鵬
  • 稀勢の里
  • 照ノ富士
  • 日馬富士
  • チャンス
  • 二所ノ関
  • 若嶋津
  • 鶴竜
  • 琴奨菊
  • 嘉風
  • 春場所
  • トップ
  • 夏場所