サッカー

鹿島の強化部長を20年間務める男。鈴木満が語る監督、OB、鹿島の流儀。

2016年07月15日更新
鹿島の強化部長を20年間務める男。鈴木満が語る監督、OB、鹿島の流儀。
6月25日ファーストステージ最終節。鹿島アントラーズはアビスパ福岡を2-0でくだし、ステージ優勝を飾った。終盤6連勝の盤石な体制で、他チームが取りこぼす中で勝ち点を失わず、逆転での優勝となった。しかし、圧勝を重ねて追い上げたわけではなかった。 「この何試合かは、いい内容の試合だったわけじゃない。良くない時間帯もあったし、失点してもおかしくないシーンもあった。それでも内容が悪くても勝つ術を持っているのがこのチーム。ピッチで話し合いながら、勝機を見出し、再び自分たちのペースにできる」 福岡戦後に、キャプテンの小笠原満男もこう語っている。 開始早々の福岡の勢いをなんとかしのぎ、セットプ...

キーワード

  • チーム
  • タイミング
  • ファーストステージ
  • セレーゾ
  • 石井
  • リーグ
  • 鈴木
  • プレー
  • クラブ
  • タイトル
  • コーチ
  • ステージ
  • ジーコ
  • 篤人
  • カイオ