大相撲

稀勢の里、手痛い初黒星も白鵬も敗れて息吹き返す

2016年07月14日更新
稀勢の里、手痛い初黒星も白鵬も敗れて息吹き返す
栃煌山−稀勢の里栃煌山(左)に突き落としで敗れる稀勢の里=愛知県体育館で(市川和宏撮影) ◇名古屋場所<5日目> (14日・愛知県体育館) 綱とりが懸かる大関稀勢の里(30)=田子ノ浦=は栃煌山に突き落としで敗れ、初黒星となったが、直後に横綱白鵬も宝富士に敗れたことで息を吹き返した。白鵬は春場所からの連勝が33でストップ。宝富士は2個目の金星獲得となった。平幕の逸ノ城が5連勝で単独トップに立った。5日目に平幕が単独首位に立つのは2010年九州場所の翔天狼以来。かど番の大関照ノ富士も松鳳山に寄り切られて初黒星。大関琴奨菊は御嶽海を押し出してようやく初...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 白鵬
  • 栃煌山
  • 北勝海
  • 松鳳山
  • 逸ノ城
  • 琴奨菊
  • 春場所
  • 宝富士
  • 愛知県体育館