野球

涌井秀章の横に石川歩がいる……。後半戦ロッテは2人のエースで逆襲へ。

2016年07月11日更新
涌井秀章の横に石川歩がいる……。後半戦ロッテは2人のエースで逆襲へ。
千葉ロッテのエース・涌井秀章は「凄さ」よりも「強さ」を感じさせる投手だ。 今年3月の開幕戦では北海道日本ハムの大谷翔平と投げ合い7回4安打無失点で勝利、6月に行われたセ・パ交流戦では巨人の菅野智之と投げ合って9回4安打1失点に抑えて完投。国内を代表する2大エースを相手に、いずれも先にマウンドを降りることなく勝利した。ここ一番の強さは国内ナンバーワンと言って良いだろう。 もちろん「強さ」には理由がある。 夏場でも妥協することなく、黙々と走り込んで鍛え上げた肉体。 窮地に追い込まれてもぶれることがない精神力。 試合の状況に応じてメリハリを付けられる勝負勘と投球技術。 そのどれ...

キーワード

  • 石川
  • フォーム
  • ロッテ
  • エース
  • ソフトバンク
  • ポイント
  • ピラティス
  • 日本ハム
  • 涌井秀章
  • ヨガ
  • 福岡ソフトバンク
  • 則本昂大
  • 田村龍弘
  • 伊東勤
  • 大谷翔平