野球

「大谷新フォーム」日本ハムのコンディショニング担当に手応えを聞く

2016年07月06日更新
「大谷新フォーム」日本ハムのコンディショニング担当に手応えを聞く
進化し続ける投手・大谷 日本ハム・大谷翔平投手(22)が「無敵モード」に突入している。開幕から8試合で1勝4敗と苦しんだが、5月22日の楽天戦(札幌ドーム)から「1番・投手」で先制弾を放った3日のソフトバンク戦(ヤフオク)まで7連勝。日本最速を更新する163キロも連発した。自身が「(球速は)意図的に出しているわけではない。全体的なバランスの中で出せているもの」という新フォームの完成度を、これまで二人三脚で取り組んできた白水直樹コンディショニング担当(37)に聞いた。 ――今のフォームの完成度は 白水:だいぶいいバランスで投げられている球の割合が増えてきました。でも、まだま...

キーワード

  • フォーム
  • 大谷翔平
  • バランス
  • 日本ハム
  • ケガ
  • ボール
  • 白水直樹コンディショニング
  • コンディショニング