ゴルフ

「父親がコーチ」だけでトップ選手になれるのか

2016年06月29日更新
「父親がコーチ」だけでトップ選手になれるのか
ゴルフはチームスポーツである。 少なくともPGAツアー選手は、そのようにして戦う。 全英オープンを連覇しているパドレイグ・ハリントンは、スイングコーチを始め、9人のスペシャリストが各分野を担当している。これはPGAツアーでも極端な例だが、コーチの分業は今やマジョリティだ。 2007年全英オープンで優勝したパドレイグ・ハリントン 日本ではよく子どものころから父親が教えて、プロになってからもスイングのアドバイスを受けるプロも多い。それが悪いというわけではない。メリットもあり、デメリットもあると思う。 メリットはコミュニケーションが円滑なことだ。「トッププロがたかがコミュニケーシ...

キーワード

  • コーチ
  • ジュニア
  • プロ
  • ツアー
  • マイク・ベンダー
  • アジア
  • アカデミー
  • コミュニケーション
  • レッスン
  • ゴルフ
  • ゴルフスイングコンサルタント
  • アマチュア
  • アメリカ
  • アドバイス
  • トッププロ