野球

【米国はこう見ている】 元阪神マートンの今 地元紙に明かした、“阪神愛”とメジャー復帰への想い

2016年06月27日更新
【米国はこう見ている】 元阪神マートンの今 地元紙に明かした、“阪神愛”とメジャー復帰への想い
カブス傘下3Aアイオワで打率.333と奮闘中、昇格のチャンス待つマートン カブス傘下3Aアイオワでプレーする元阪神のマット・マートン外野手について、地元メディアが特集を組んでいる。日本では6年間で通算打率.310の好成績をマークし、虎ファンからも愛された好打者は、今季から米球界に復帰。08年途中まで所属したカブスの傘下アイオワで、ロッキーズ時代の09年以来となるメジャー昇格を目指して奮闘中だ。アイオワ・カブスの本拠地デモインの地元紙「デモイン・レジスター」の取材に対して、今も持ち続ける“阪神愛”、そしてメジャー昇格への意気込みを明かしている。 マートンは昨季限りで阪神を退団...

キーワード

  • メジャー
  • マートン
  • カブス
  • アイオワ
  • チャンス
  • ファン
  • プレー
  • チーム
  • マーク
  • マット・マートン
  • ナ・リーグ
  • コミュニティー
  • アイオワ・カブス
  • ベテラン
  • ロッキーズ