ゴルフ

松山英樹が失った「満々の自信」。全米OPの予選落ちとは何だったか。

2016年06月20日更新
松山英樹が失った「満々の自信」。全米OPの予選落ちとは何だったか。
松山英樹の全米オープンは、36ホールだけで終わってしまった。優勝候補の1人に挙げられ、日本からも世界からも期待を集めていた松山。そんな彼のスコアが雪だるまのように膨らんでいき、それとは反比例するように彼の自信が萎んでいった様子には悲愴感さえ漂った。 オークモントは初日から雷雨に見舞われ、サスペンデッドが3度もあった。その影響ですべてが大幅な不規則進行になり、初日にスタートすらできなかった松山は、2日目の金曜日に一気に36ホールを回ることになった。 そんな状況下でも出だしは悪くなかった。いや、むしろ好発進を切ったと言っていい。出だしの3ホールは前日に探ることができなかったコースの状...

キーワード

  • 松山
  • コース
  • ラウンド
  • グリーン
  • バーディー
  • オークモント
  • ボギー
  • ホール
  • ラフ
  • ガルシア
  • ジョンソン
  • ダブルボギー
  • スタート
  • オープン
  • オーバー