サッカー

コロンビアがペルーとのPK戦を制し、12年ぶりのコパ・アメリカ4強進出

2016年06月18日更新
コロンビアがペルーとのPK戦を制し、12年ぶりのコパ・アメリカ4強進出
コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝が17日に行われ、ペルー代表とコロンビア代表が対戦した。 3大会連続のベスト4進出を目指すペルーは、グループBを2位で通過。グループステージ最終節ではブラジルを疑惑のゴールにより1-0で下し、首位で決勝トーナメントに進出した。一方、コロンビアは大会開幕戦となったアメリカ戦、第2戦のパラグアイ戦と連勝を飾り、早々に決勝トーナメントへ駒を進めた。しかし、大幅なターンオーバーを敷いて臨んだコスタリカ戦でまさかの敗戦。アメリカに1位通過を譲る格好となった。 ペルーはFWエディソン・フローレスやFWパオロ・ゲレーロがスタメン入り。一...

キーワード

  • コロンビア
  • ペルー
  • シュート
  • エリア
  • ゴール
  • ロドリゲス
  • オスピナ
  • チーム
  • ボール
  • フアン・クアドラード
  • ダビド・オスピナ
  • パオロ・ゲレーロ
  • カルロス・バッカ
  • クアドラード
  • ゲレーロ