サッカー

ペルー紙が対戦国コロンビアのエースを風刺の標的に…ハメスを赤子扱い

2016年06月17日更新
ペルー紙が対戦国コロンビアのエースを風刺の標的に…ハメスを赤子扱い
ペルーの地元紙『トード・スポルト』が、一面で隣国エクアドルに対する差別的な意味を含む見出しをつけたことはすでにお伝えしたとおりだが、今度は別の新聞がコロンビア代表MFハメス・ロドリゲスを標的にした。コロンビアのニュースサイト『エル・コロンビアーノ・プント・コム』が報じている。 ペルー代表とコロンビア代表は、17日に行われるコパ・アメリカ センテナリオ USA 2016の準々決勝で激突する。 現状ではコロンビアのほうが“格上”な感はあるが、コパ・アメリカに限っての通算成績は15試合を戦ってペルーが7勝6分け2敗と大きく勝ち越している。 両国は国境を接していることもあり、17日の...

キーワード

  • ペルー
  • コロンビア
  • ロドリゲス
  • パオロ・ゲレーロ
  • ゲレーロ
  • コパ・アメリカ
  • サッカー
  • エル・コロンビアーノ・プント・コム
  • スポルト