サッカー

イングランド、逆転で白熱の“英国対決”制す…スタリッジが土壇場に意地の一撃

2016年06月16日更新
イングランド、逆転で白熱の“英国対決”制す…スタリッジが土壇場に意地の一撃
ユーロ2016・グループステージ第2節が16日に行われ、グループBでイングランド代表とウェールズ代表が対戦した。 イングランドは初戦で、ロシア相手にリードしていたものの、最後の最後で失点を喫し、ドロー発進。対して、スロヴァキアと対戦したウェールズは、一度追いつかれながらも、終盤のFWハル・ロブソン・カヌの決勝ゴールで、歴史的なユーロ初白星を手にした。対照的な初戦となった両チームだが、今試合はプライドを懸けた“”英国対決“。両チームの意地と意地がぶつかり合う、負けられない試合だ。イングランドは決勝トーナメント進出に向けて今大会初白星を、ウェールズも初のグループステージ突破が決まる2...

キーワード

  • イングランド
  • ウェールズ
  • ゴール
  • シュート
  • ボール
  • エリア
  • ベイル
  • スタリッジ
  • ルーニー
  • パス
  • グループステージ
  • ヴァーディ
  • ケイン
  • マーカス・ラッシュフォード
  • ジェイミー・ヴァーディ