野球

優雅なイチローと三振率の低さ。成績向上の裏に悪球打ちの減少が?

2016年06月14日更新
優雅なイチローと三振率の低さ。成績向上の裏に悪球打ちの減少が?
イチローの日米合算安打数が、ピート・ローズの大リーグ記録(4256本)を超えようとしている。アメリカでは「参考記録」とされるだろうが、それにしても気の遠くなるような数字だ。 2016年のイチローは明らかに若返った。右方向への強い打球が増えたことはもちろんだが、もっと顕著なのは三振率が激減したことだと思う。過去3年の三振率と四球率を振り返ってみよう。(2016年は6月12日現在) 打席 三振率 四球率 2014: 385 17.7% 5.5% 2015: 438 11.6% 7.1% 2016: 127 4.7% 7.9% MVPと新人王に輝いた2001年の三振率が7.2%、年間...

キーワード

  • イチロー
  • ローズ
  • バット
  • カービー・パケット
  • トニー・グウィン
  • ヨギ・ベラ
  • 外角球
  • 参考記録
  • ピート・ローズ
  • 安打製造機
  • トリッキー
  • アメリカ
  • プレー
  • 最多安打