テニス

マレー、スタンら トップ登場

2016年06月13日更新
マレー、スタンら トップ登場
男子テニスツアーのAEGON選手権(イギリス/ロンドン、グラス、ATP500)のドロー表が発表され、2連覇を狙うA・マレー(英国)やS・ワウリンカ(スイス)らトップ選手が登場する。今大会のシード勢は、第1シードにマレー、第2シードにワウリンカ、第3シードにM・ラオニチ(カナダ)、第4シードにR・ガスケ(フランス)、第5シードにM・チリッチ(クロアチア)、第6シードにR・バウティスタ=アグ(スペイン)、第7シードにJ・イズナー(アメリカ)、第8シードにG・シモン(フランス)となっている。昨年の同大会では、マレーがK・アンダーソン(南アフリカ)をストレートで下し、大会4度目の優勝を飾った。...

キーワード

  • シード
  • マレー
  • ワウリンカ
  • ストレート
  • ウィンブルドン
  • トップ