サッカー

ブラジルが29年ぶりのグループステージ敗退…ペルーの“神の手”ゴールに沈む

2016年06月13日更新
ブラジルが29年ぶりのグループステージ敗退…ペルーの“神の手”ゴールに沈む
コパ・アメリカ センテナリオ USA 2016のグループステージ第3戦が12日に行われ、ブラジル代表とペルー代表が対戦した。 グループBはブラジル、エクアドル、ハイチ、ペルーの4カ国。同試合の前に行われたエクアドル対ハイチの試合でエクアドルが勝利を収めたため、エクアドルが決勝トーナメント進出を確定させた。そのため、この試合を制した方が決勝トーナメントに進出する。引き分けでも突破が決まるブラジルは、最終ラインの要であるDFミランダが戦列に復帰。出場停止のMFカゼミーロに替わってMFエリアスがアンカーの位置に入り、MFルーカス・リマが初先発となった。また、FWガブリエウもスタメン出場...

キーワード

  • ブラジル
  • ペルー
  • ゴール
  • エクアドル
  • トーナメント
  • エリアス
  • グループステージ
  • ガブリエウ
  • エリア
  • ボール
  • ハイチ
  • ゲレーロ
  • ルイディアス
  • ラウール・ルイディアス
  • グループ