野球

大谷58球中160キロ台31球 平均159・7キロ

2016年06月12日更新
大谷58球中160キロ台31球 平均159・7キロ
6回表阪神2死二、三塁、ゴメスを右飛に仕留めガッツポーズする大谷(撮影・井上学) <日本生命セパ交流戦:日本ハム6-0阪神>◇12日◇札幌ドーム 日本ハム大谷翔平投手(21)が異次元の投球で5勝目を挙げた。「日本生命セ・パ交流戦」の阪神3回戦(札幌ドーム)は、意図的に初回から全力で飛ばし、7回を投げて160キロ台の直球が31球。自身が持つ日本球界最速記録163キロを5球マークした。交流戦史上初めてDHを解除して投手が打席に立った一戦。2打数無安打とバットでは結果を残せなかったが、7回3安打無失点と、マウンド上でゲームを支配した。 たった1イニングで、空間を支配し...

キーワード

  • キロ
  • イニング
  • マーク
  • ドーム
  • 大谷
  • 井上学
  • 日本生命
  • 大谷翔平
  • フォーク
  • マウンド
  • カード
  • ゴメス
  • 開幕投手
  • 奪三振
  • ゲーム