野球

指名人数は日本の10倍 熾烈な競争社会を生み出すMLBドラフト

2016年06月12日更新
指名人数は日本の10倍 熾烈な競争社会を生み出すMLBドラフト
米国では3日間かけて行われるドラフト、30球団に40巡目までの指名権 メジャーリーグでは、2016年シーズンのドラフトが6月9日から11日までの3日間開催されている。日本では1日で終わるドラフトが、なぜ米国では3日もかけて行われるのだろうか。 その答えは、プロ野球12球団が最大で指名できる選手が120人であるのに対し、メジャーでは30球団が40巡目まで指名権を持っており、合計1200人がプロ入りする可能性を秘めているからだ。 各球団は将来のメジャーリーガーとなるべき逸材40人を指名するために、スカウト陣が全米中のタレントを見定めている。ドラフト前には各地でスカウト活動を...

キーワード

  • ドラフト
  • メジャー
  • マイナー
  • マイナーリーグ
  • チーム
  • キャッチャー
  • スカウト
  • プレー
  • プロ
  • クリーブランド・インディアンス
  • カンザスシティ・ロイヤルズ
  • メジャーリーガー
  • オリックス・バファローズ
  • ポジション
  • プレゼン