サッカー

ウェールズ、初出場対決制しユーロ初勝利…ベイルが鮮烈FKで先制弾

2016年06月11日更新
ウェールズ、初出場対決制しユーロ初勝利…ベイルが鮮烈FKで先制弾
ユーロ2016・グループステージ第1節が11日に行われ、グループBでウェールズ代表とスロヴァキア代表が対戦した。 FIFAランク26位のウェールズと同24位のスロヴァキアによるユーロ初出場同士の対決。ウェールズは、エースのレアル・マドリードFWギャレス・ベイル、アーセナルMFアーロン・ラムジーらが先発出場。スロヴァキアは、ナポリMFマレク・ハムシク、日本代表FW本田圭佑が所属するミランのMFユライ・クツカらがスタメンに名を連ねた。 試合開始3分、スロヴァキアが絶好のチャンスを迎える。高い位置でボールを奪ったハムシクが自らドリブルを開始。キックフェイントで2人かわして、ペナルティ...

キーワード

  • ウェールズ
  • スロヴァキア
  • シュート
  • ベイル
  • ゴール
  • ユーロ
  • ハル・ロブソン・カヌ
  • エリア
  • アーロン・ラムジー
  • ギャレス・ベイル
  • マレク・ハムシク
  • ハムシク
  • FIFAランク
  • オンドレイ・ドゥダ
  • サイド