テニス

ジョコビッチが学んだこと [全仏オープン]

2016年06月07日更新
ジョコビッチが学んだこと [全仏オープン]
トップレベルに上り始めたときのノバク・ジョコビッチ(セルビア)が、例えばロジャー・フェデラー(スイス)やラファエル・ナダル(スペイン)のような史上屈指の偉大な選手を相手にしなければならないことを、うれしく思っていなかったとしても、彼を責めることはできないだろう。 「初めのうち、僕はこの時代の一員であることをうれしく思っていなかった」とジョコビッチは言う。しかし最後に、その考えは変わった。彼は大きなチャレンジに立ち向かい、自分のレベルを上げたのだ。 「僕は人生において、起こるすべてのことには理由があるということに気づいた。僕はある目的、意図のもとにこの位置に置かれたんだと思う。学び、育ち...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • オープン
  • グランドスラム
  • タイトル
  • フェデラー
  • ナダル
  • グランドスラム・タイトル
  • アメリカ
  • セレナ
  • マレー
  • ジョン・マッケンロー
  • ロジャー・フェデラー
  • シュテフィ・グラフ
  • ピート・サンプラス
  • 生涯グランドスラム