野球

なぜ唐川侑己の輝きは消えたのか?復活期すロッテのエース候補は今。

2016年06月06日更新
なぜ唐川侑己の輝きは消えたのか?復活期すロッテのエース候補は今。
涌井秀章でもない。石川歩でもない。 「幕張のエース」の座には、唐川侑己が座るべき。そう思っている。 通算3度の最多勝獲得で球界を代表する投手と、現在のパ・リーグ投手成績で防御率で“隠れ”1位であるロッテの投手2人を差し置いてそう言うのであるから、やや暴論であるかもしれない。 今季ここまで(6月5日現在)5試合に先発して1勝2敗。防御率5.14。とても称賛すべき数字ではない。それも重々承知。 今、唐川は「将来のエース」と呼ばれていたころの輝きを取り戻すため、必死にもがき、その一歩手前のところまで復調してきている。 その姿は昨年、復活を遂げた涌井秀章の、少し前の姿ともどこか被って...

キーワード

  • ボール
  • 唐川
  • フォーム
  • バランス
  • ロッテ
  • ソフトバンク
  • スリークォーター
  • キロ
  • オリックス
  • 涌井秀章
  • 唐川侑己
  • エース
  • 福岡ソフトバンク
  • 小谷正勝
  • 大嶺祐太