テニス

ジョコビッチがついに全仏で初優勝「僕のキャリアでもっとも素晴らしい瞬間」

2016年06月06日更新
ジョコビッチがついに全仏で初優勝「僕のキャリアでもっとも素晴らしい瞬間」
やっとのことで全仏オープンのチャンピオンとなり、ほとんど半世紀ぶりに4大会連続でグランドスラム優勝を果たした世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、過去に彼を悩ませ続けたレッドクレーの上にラケットでハートの絵を描いた。 ジョコビッチが生涯グランドスラム(キャリアの間に4つのグランドスラム大会すべてで優勝する)を完成させるために、どうしても必要だった最後の優勝杯を手渡されたとき、彼は目を閉じてそれを頭の上に掲げ、キスをし、ふっと息を吐き出し、大きな笑みを浮かべた。のちに、ジョコビッチの父と友人たちは、その杯でお祝いのシャンパンをすすった。 12回目のロラン・ギャロス、4度目の決...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • オープン
  • マレー
  • グランドスラム
  • ノール
  • セット
  • アメリカ
  • オーストラリア
  • キャリア
  • スイス
  • テニス
  • ロジャー・フェデラー
  • 生涯グランドスラム
  • ピート・サンプラス
  • ロッド・レーバー