テニス

敗れたセリーナ 表彰式で涙声

2016年06月05日更新
敗れたセリーナ 表彰式で涙声
テニスの全仏オープン(フランス/パリ、レッドクレー、グランドスラム)は大会14日目の4日、女子シングルス決勝戦が行われ、前年度チャンピオンで第1シードのS・ウィリアムズ(アメリカ)は第4シードのG・ムグルサ(スペイン)の前に5-7, 4-6のストレートで敗れ、大会2連覇を阻まれた。>>全仏オープン 女子対戦表<<セリーナは太ももの怪我や疲労など、敗戦の言い訳はしなかった。体調が万全ではなかったのではと問われたセリーナは「それは大丈夫だった。自分は太ももが痛かったなど、負けの言い訳をする人間ではない。勝利することに十分なテニスが最終的に自分は出来ず、それを彼女(ムグルサ)がやっただけ。太...

キーワード

  • セリーナ
  • ムグルサ
  • ポイント
  • グランドスラム
  • オープン
  • テニス
  • モラトグルー
  • 全仏オープン
  • シード