テニス

決勝は世界1位ジョコビッチと2位マレーの対決 [全仏オープン]

2016年06月04日更新
決勝は世界1位ジョコビッチと2位マレーの対決 [全仏オープン]
ノバク・ジョコビッチ(セルビア)は、またもテニスの歴史を塗り替えようとしている。彼は、まだ優勝したことのない唯一のグランドスラム、全仏オープン(5月22日〜6月5日)で4度目(2012、14、15、16年)の決勝進出を決めた。 彼にとってこの全仏オープンには、生涯グランドスラム(すべてのグランドスラムで優勝すること)を達成しようとする試みに加え、より稀な記録の達成もかかっている。それは4つのグランドスラムを連続で制すること――この半世紀に誰も達成できていない偉業だ。 雨にたたられたロラン・ギャロスで、4日連続でコートに立ったジョコビッチ。金曜日の準決勝で第13シードのドミニク・ティーム...

キーワード

  • ジョコビッチ
  • マレー
  • グランドスラム
  • オープン
  • ティーム
  • コート
  • オーストラリア
  • ウィンブルドン
  • ワウリンカ
  • ナダル
  • セット
  • スザンヌ・ランラン・コート
  • プレー
  • スイス
  • テニス