大相撲

稀勢の里は笑わない。白鵬に応えた言葉の背景とは。

2016年06月02日更新
稀勢の里は笑わない。白鵬に応えた言葉の背景とは。
「自分は力士として生きているから、土俵上でしか表現できない。結果を残していないから。結果を残して、しっかりやることが自分の使命」と孤高の大関は答えた。 それは五月場所13日目、互いに全勝で迎えた大一番を制した白鵬の、こんな言葉に向けての答えだった。 「(稀勢の里には)何かが足りないんだろうね。横綱白鵬を倒すには、日頃の行いが良くなければ」 その深意を、優勝一夜明け会見で白鵬がさらに明かした。「改めて、稀勢の里に足りないものは?」との問いに、「たとえば、たとえばですよ」と前置きし、今年初場所前、『ハッキヨイ! 大相撲 ひよの山かぞえ歌』を力士会がファン向けに収録し、その動画を配信した...

キーワード

  • 稀勢の里
  • 白鵬
  • ファン
  • 武蔵川
  • 鳴戸親方
  • 鳴戸部屋
  • 安芸乃島
  • 若の里
  • 武双山
  • 隆の里
  • 日本相撲協会
  • 貴闘力
  • 貴ノ浪
  • インタビュー
  • アドバイス