野球

清原被告更生 復帰エール続出も球界打つ手なし 前例なくサポート体制存在せず

2016年06月02日更新
清原被告更生 復帰エール続出も球界打つ手なし 前例なくサポート体制存在せず
2005年8月、引退登板を終えた佐々木氏は清原被告と健闘をたたえあったが、この友情をもって親友の更生に尽力するという【拡大】 覚せい剤取締法違反に問われ、5月31日に東京地裁で開かれた判決公判で懲役2年6月、執行猶予4年の有罪判決を受けた清原和博被告(48)。球界からはエールと将来的な球界復帰を期待する声が相次いだが、簡単ではない。かつて阪神などでエースとして活躍した名左腕で1993年に同じ罪で逮捕された江夏豊氏(現野球解説者)は懲役2年4月の実刑判決を受けて服役し薬物を断っている。野球人が社会に身を置いたまま更生した前例は皆無で、球界にはそのアシストへのノウハウが存在...

キーワード

  • 清原
  • エール
  • 日本プロ野球名球会
  • 東尾修
  • 清原和博
  • 山本浩二
  • 佐々木主浩
  • 江夏豊
  • 名球会