ゴルフ

凡プレー連発 “世界で戦う気がない”男子ツアーの低レベル

2016年05月30日更新
凡プレー連発 “世界で戦う気がない”男子ツアーの低レベル
【ミズノオープン】 日本人だけでなく韓国人もニュージーランド人も、日本ツアーでプレーする連中はみんなゴルフが下手、というのがよくわかった。 金庚泰(29)が最終日にスコアを1つ落として逃げ切り、今季3勝目を挙げた男子大会。同じ最終組の李尚熹(24)は最終18番で短いバーディーパットを決められずにプレーオフ進出を逃し、ニュージーランド人のM・ヘンドリー(36)は後半に3つもスコアを落として自滅。金も18番で得意の3番ウッドを手にしながら右に大きく曲げてパーセーブがやっとだった。雨が降ったとはいえ、「ホントにプロなの?」と疑いたくなるほど見どころゼロ。いつも外国人に優勝をさらわれる...

キーワード

  • プロ
  • ツアー
  • ゴルフ
  • プレー
  • ニュージーランド
  • メジャー
  • 全英オープン
  • スコア
  • 谷原秀人
  • プレーオフ