テニス

刻々と迫るその時、ナダルとフェデラーの復活はあるか

2016年05月30日更新
刻々と迫るその時、ナダルとフェデラーの復活はあるか
【5月30日 AFP】2人合わせて31度の四大大会(グランドスラム)優勝を誇り、男子テニス界をけん引してきたラファエル・ナダル(Rafael Nadal)とロジャー・フェデラー(Roger Federer)。しかし、2人が今後もグランドスラムの優勝回数を増やそうと思えば、残された時間はそう多くないのかもしれない。 ナダルは27日、左手首の負傷のため全仏オープンテニス(French Open 2016)を棄権し、1回戦と2回戦を戦っただけで大会を後にした。その日は、ナダルの30歳の誕生日から1週間前のことだった。 ナダルは2005年、19歳で全仏を制して自身初となるグ...

キーワード

  • ナダル
  • グランドスラム
  • フェデラー
  • ジョコビッチ
  • ウィンブルドン
  • ウィンブルドン選手権
  • ラファエル・ナダル
  • 全豪オープン
  • オールイングランド・ローンテニス・アンド・クローケー・クラブ
  • ノバク・ジョコビッチ
  • ロジャー・フェデラー
  • プロ
  • ツアー
  • 全仏オープン
  • れいめい