サッカー

宮本恒靖が語る、「もし僕がクラブを作るなら」。

2016年05月25日更新
宮本恒靖が語る、「もし僕がクラブを作るなら」。
日本代表のキャプテンとして4年に一度の大舞台に2度出場した宮本恒靖は、サッカー界の発展において、プロとして活躍した選手が引退し、やがて指導者や経営者、あるいは強化や編成を担当するフロントとしてその経験を還元することの重要性を強く感じている。 クラブを総合的かつ継続的に発展させるためには、選手だからこそ感じる“現場”の感覚と、経営者視点のビジネス感覚を同時に併せ持たなければならない。だから宮本は、現役時代の自分になかった経営者視点を学ぶために海を渡って“スポーツ修士課程”を修了し、育成年代の指導者として再び“現場”に戻ってきた。 引退から4年半、力強くセカンドキャリアを歩き始めた彼...

キーワード

  • クラブ
  • 宮本
  • サッカー
  • ベンゲル
  • ポリシー
  • ピッチ
  • ウイニングイレブン
  • チーム
  • クラブマネージャー
  • ビジネス
  • UEFA Champions League
  • マネジメントゲーム
  • アーセン・ベンゲル
  • FIFPro
  • 宮本恒靖